忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/29 アニリール・セルカン経歴詐称疑惑]
[10/22 ゆみ]
[10/19 こぺぇ~]
[09/05 こーへー]
[08/25 ゆみち]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
archiTV2008_yumico
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
[21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんにちは。

ファッションチームのたなべです。
最近は忙しさにかまけて全体ミーティングに行けずにすみません(’へ’)


とつぜんですが

ファッションチームの現在の状況を報告します。


今は、チーム内でのミーティング数回(土曜日固定)に加えて、服飾系の学生を交えアドバイスを貰うといった内容のミーティング、1回の話し合いを設けてきている所です。

先月のプレワークショップ(建築系学生4名参加)を終え、チームの中で見ている方向性に当初のものより軌道変更があったので、先日、企画書を新たに作成し直しました。

良かったら目を通してください◎◎


「ファッションは普通、ひとりのためのシェルターであり、ひとりのためのアイデンティティーを主張するものでした。しかし、建築とはもっと社会的で様々な単位の「みんな」で共有されるべきものです。私たちはそのことをふまえ、みんなである時間や場を共有し合うことの出来るファッションを提案することにしました。
洋服のような建築は今までの不変不動の建築とは違い、身につける人によって自由に動き、可変し、外皮のように軽やかな空間であるはずです。そして、移動した場所によって共有される時間も、そこに集まる人々も一般に家族と言われるような単位では無い、多様で新しいライフスタイルの人々との関わりが考えられます。
また、ファッションを通し建築を考えることは、「みんな」と様々な物を共有しつつも、それぞれの身体に立ち返り今までの建築よりも、より身体的なものとしてデザインされていなくてはいけません。

さらに、このワークショップでは運営期間中から服飾系の学校に通う学生と協同して進めていくことを考えています。学生から出された様々なアイディアを、よりリアリティのあるものとして発信していく為にも素材や技術の知識・経験を、服飾に精通した学生と共にコラボレーションすることで実現していきたいと思います。

ワークショップの最後にはファッションショーの開催を予定しています。
運営段階に出されたアイディアを元に、ワークショップという限られた時間で実現可能性の高い案をワークショップ当日に参加応募者とのコラボレーションでより豊かなものに仕上げ、ショーで発表する予定です。」




こんな感じです。
プレワークショップでは参加者でブレインストーミングを行い、その後実際にモックアップという形で布を裁断しテープで加工し洋服を作ってみました。FPに掲載予定ですが、1人のドレスがみんなのテーブルに変わり、その距離の取り方によってテーブルの形態も様々(食卓、トランプをするくらいのゆるいテーブル、皆のブランケット、)に変化するというものです。
このアイディアについては、布の素材やテンションの張り方にまだまだ検討・修正がさらに必要で、夏休み中により深めていきたい案のひとつです。




現在の参加者状況は、
私の他本アーキメンバーで計3名が大体の固定メンバー(田邊/安藤/伊東)。アドバイザーとしては服飾系学生2名に来て貰っていますが、いずれの服飾系の学生も固定メンバーでは無く、仕事の都合などで今後も参加が侭ならない人達ばかりです。



こんな状況で、ちょっと今のところチームが上手くいくか心配です。。

もう少しファッション系の学生に参加を募る方法を考えてみますが、
archiTV内の皆も友人にファッション系の学生で心当たりある人はいませんか?


また、
archiTV内でも上記の企画書を読んでファッションと建築に興味をもった人はいませんか?


夏休みに入り、今までよりも集中して企画が出来るときなので、1から作り上げていくつもりで立て直しを図りたいと思います。一緒に頑張ってくれるメンバーまだまだ募集します!!



田邊 都
y-gsa/miya_zanahoria_385@hotmail.co.jp


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]